サプリメントと薬の飲み合わせについて

サプリメントと薬の飲み合わせについて

サプリメントは、一見飲み方が似ていることから薬(医薬品)と間違われやすいものです。ただ、サプリは薬ではなく、あくまでも健康食品の一つであるということを理解しておかなければいけません。
特定の病気や症状を”治す”という意味では薬を用いた治療になり、もっと自分の体がこうなりたい、こうなればよいなという思いの元、不足している栄養素を補うことにより、その思いを実現するための一つの方法、それがサプリとなります。
さて、この目的の異なる2つを飲む場合の素朴な疑問があります。「サプリメントとお薬は同時に飲んでも大丈夫なんだろうか?」薬同士の場合、飲み合わせは大切なことです。飲み合わせで症状が悪化したり、副作用によりより体調不良になる可能性もあるため、多くの医療機関や薬局では、薬の購入の際「今現在他に飲んでいる薬はありませんか」と必ず聞かれます。筆者も飲み合わせが悪く、嘔吐や顔が腫れた経験があるため、実感しています。一方、体質改善などが目的のサプリと治療目的の薬の飲み合わせについては、多くの場合、それほど心配する必要はありませんが、例えば亜鉛の摂取によって影響が出る可能性がある器官や機能の治療をしている人は、必ず担当医に相談をして摂取するようにしましょう。